探究的な学び支援事業者の皆様へ
(申請方法)

申請方式について

本補助金の申請は二段階の申請となります。

事業者登録申請 事業者情報や導入する探究学習等サービス情報等の申請
補助金交付申請 探究学習等サービスを導入する学校等の情報や補助金額等の申請

※事業者登録申請について採択された場合のみ、補助金交付申請することができます。

請の流れ

補助金申請システムはこちら

アカウント新規作成
(アカウントをお持ちでない方)
補助金申請システム
(アカウントをお持ちの方)

事業者登録申請〜補助金交付申請

制度理解

本サイトや公募要領等を読み、補助事業について理解をします。

事業者登録申請(事業者情報、探究学習等サービス情報)

事業者登録申請はオンラインフォームへの情報入力および必要書類の添付にて行います。コンソーシアムの場合は、幹事社が構成員の情報(事業者情報、探究学習等サービス情報)を取りまとめた上でご申請ください。

【重要】事業者登録申請期間に関して

事業者登録申請期間

2023年4月17日~2023年5月19日 15:00

事業者登録申請期間 2023年4月17日~2023年5月19日 15:00
事業者登録申請締切 2023年5月19日 15:00
採択公表 2023年5月10日(初回)※以降適宜
  • 事業者登録申請に必要な証憑書類の整理、申請書の作成・確認

    ※必要書類の詳細については、公募要領を参照ください。

  • 補助金申請システムのアカウントを作成してください。
アカウント新規作成
(アカウントをお持ちでない方)
  • 補助金申請システム上で、以下の情報等を入力し、最終確認の上事務局に提出します。
    • 申請を行う事業者の基本情報及び事業ビジョン、サポート内容
    • 導入予定の探究学習等サービスに関する情報
    • 導入予定の探究学習等サービスの機能・活用方法・強み 等
補助金申請システム
(アカウントをお持ちの方)

採択結果は、補助金申請システムを通して通知されます。

補助金交付申請

補助金交付申請はオンラインフォームへの情報入力および必要書類の添付にて行います。
補助金交付申請は申請者単位で行いますが、その際の導入先(学校等設置者及び学校等教育機関)の申請情報登録は、導入先の学校等教育機関の設置形態等に応じて、タイプ①②③で必要となる登録情報や入力方法が異なります。なお、いずれのタイプにおいても、各学校単位での探究学習等サービス導入情報(導入人数・活用場面等)は、基本的な申請事項として探究学習等サービス情報による入力が必要です。導入先の学校等と調整・確認し、十分な制度概要の理解を得られた上で補助金交付申請に必要な情報を事前に収集してください。

【重要】補助金交付申請期間に関して

補助金交付申請期間

2023年5月25日~ 2023年7月下旬予定

補助金交付申請期間 2023年5月25日
~ 2023年7月下旬予定
補助金交付申請締切 初回:2023年6月5日
二回目:2023年6月15日
交付決定 初回:2023年6月19日
  • 導入先と探究学習等サービスの導入計画の作成・提案・協議
  • 補助事業に要する経費の見積り
  • 補助金交付申請において計上する導入数量の洗い出し
    ※精緻なツール利用数を検証してください。
  • 補助金交付申請に必要な証憑書類の整理、申請書の作成・確認
    ※必要書類の詳細については、公募要領を参照ください。
  • 補助金申請システム上で、以下の情報を入力し、最終確認の上、事務局に提出
    • 事業実施予定の導入先に関する情報
      導入先学校等教育機関の名称・設置者名等の基本情報
      ※補助金申請システム上で見当たらない場合は、事務局までお問い合わせください。
    • 費用負担を含めた探究学習等サービス導入計画
      令和5年度及び令和6年度の探究学習等サービスの導入学年や数量、活用場面、令和6年度以降の費用負担方法 等
    • 補助金申請金額
    補助金申請システム
    (アカウントをお持ちの方)

入先の学校等の設置形態等に応じて異なる申請手続き

導入先の学校等の設置形態等の特性に合わせて、次のタイプ①②③で必要となる登録情報が異なります。

タイプ① 都道府県立学校及び市区町村立学校
  • 自治体(都道府県及び市区町村)が取りまとめ、探究的な学び支援事業者が申請を行う
  • 学校等設置者の担当者が、事務局発行ID・パスワードを使って、申請情報の一部を入力
自治体(都道府県
及び市区町村、
一部事務組合)
向け入力手引き
タイプ② 都道府県立学校
  • 自治体(都道府県及び市区町村)が取りまとめずに、学校ごとに探究的な学び支援事業者が申請を行う
タイプ③ 私立学校・国立学校・フリースクール等
  • 学校ごとに探究的な学び支援事業者が申請を行う

点措置

次の補助金交付申請案件には加点措置があります。

  • 「補助対象となる探究学習等サービスの機能分類」における、区分A及び区分Cのサービスを導入する学校等設置者及び学校等教育機関については加点します。
  • 本補助事業を活用して学校等設置者及び学校等教育機関が効果的に探究学習等サービスの導入検証を行い、次年度以降も継続して探究学習等サービスを利用していくことを促進するため、補助事業終了後も含めて具体性が高く明確な導入計画(※)がある学校等教育機関設置者及び学校等教育機関については加点します。
    なお、自治体による計画の提出、連携の確認ができる場合はさらに加点します。
    ※ 導入計画:探究学習等サービスの利用人数・費用総額・費用負担方法等
  • 補助金交付申請の際に探究学習等サービス導入計画の内容を審査します。その結果、申請した一部又は全部の学校等教育機関が不採択となる場合もあります。

交付決定後

事業実施

事務局から「交付決定」を受けた後に、探究学習等サービスの契約・導入を行うことができます。

【重要】事業実施期間に関して

事業実施期間

交付決定日~2023年12月28日

※交付決定日前に契約・導入等を行った場合は、補助金の交付を受けることができません。ご注意ください。

  • 交付決定日以降の導入先との探究学習等サービスの本契約・申込み手続き
    ※交付決定日より前に契約・申込みが行われている場合は、当該導入先は補助対象外となります。
  • 探究学習等サービス導入(納品・アカウント発行)~サービス利用開始・サポート実施

実績報告

探究学習等サービスの導入が完了した後、契約・導入等を行ったことが分かる証憑や導入に要した経費を証明する証憑を提出します。

【重要】実績報告期間に関して

実績報告期間

2023年11月中旬~2024年1月上旬予定

  • 補助金申請システムで必要事項を入力し、必要書類を添付して最終確認の上、事務局へ提出します。
補助金申請システム

補助金交付手続き

探究学習等サービスの導入が完了した後、契約・導入等を行ったことが分かる証憑や導入に要した経費を証明する証憑を提出します。